菅田将暉 オールナイトニッポン パーカー,
themadcapsulemarkets t0ur パーカー,

希少 FR2 0ne T shirts コラボパーカー 人気TOP

希少 FR2 0ne T shirts コラボパーカー
⚡閲覧ありがとうございます⚡️ ✅商品について少しでも気になることなどありましたらコメントください ! ✅毎月オススメの服をセレクトして出品していくので気に入ったらフォローしていただけると嬉しいです! さらにフォロー割もしてますのでお気軽にどうぞ ‼︎‼︎ #GCRcl0thing →⚡️商品一覧⚡️ ☑︎商品説明☑︎ コラボスウェットパーカーになります。 デザインも格好良く、もともとのボディサイズも大き目なのでMサイズで平均身長の方でも大きめに着用できます。 【カラー】 ブラック 【規格サイズ】 M(ビッグ&ボックスシルエットL・XL相当) 【実寸サイズ】 着丈→65 肩幅→65.5 身幅→66 袖丈→55 【状態について】 全体/総評→状態良好 #GCRcl0thing →⚡️商品一覧⚡️ STUSSY APE ASSC FR2 lafayette X-LARGE UNDEFEATED WTAPS WIND AND SEA adidas NIKE 0Y LMC NERDY 0I0I agem ADERERR0R esc studi0 などお好きな方に

希少 FR2 0ne T shirts コラボパーカー パーカー 人気TOP

希少 FR2 0ne T shirts コラボパーカー パーカー 人気TOP

希少 FR2 0ne T shirts コラボパーカー パーカー 人気TOP

  • 4.00

    面白いけど…。もっと戦略が…。

    ゆきぽん

    まず、加藤はもう呼ばれる事無いでしょうね。彼を除いた上で、たしかに凄く面白かったのですが、ザコシショウがドキュメンタルでは最強である事は5で証明されたので、もっとアシストポイントとかライフ回復等のルールー改正が必要。また、せっかく宮迫、小藪、後藤、ノブと言った豪華ツッコミ勢をキャスティングしたのだから、もっと連携してザコシショウ潰しをして欲しかったです。みんなザコシショウか攻撃をはじめると笑いをこらえるで精一杯になり防戦一方。このままだとドキュメンタル=ザコシとなり飽きてしまいそうです。ただ、ザコシの笑い自体あまり好きではないのですが、彼のフェアプレイ精神はとても尊敬できます。 どんな時でもボケ続ける。 他人がボケ始めたらどこにいても直ぐに戻って話をきく。 自分のネタ中でも、他人がボケ始めると中断して聞く。 自分が攻撃される時はちゃんと対峙して聞く見た目と違ってかなりの紳士です。加藤もこの辺りをちゃんと守っていればそこまで酷評はされなかったと思います。面白くないだけではそんなに罪にならない。二郎ちゃんは面白くないけど対ザコシ兵器なのでキャスティングされたんでしょう。実際、ポイント取ったし。ザコシショウ皇帝を倒すために運営側も他の参加者も、もっと工夫して欲しいです

  • 4.00

    加藤以外おもろかった 本当にここに尽きる

    しゅうC

    最初、いろんな人のレビューを見て、なんでこんなに加藤叩かれてんのかなと思ったけど開始してすぐに理解した泣き芸とか単調すぎるボケとかクソほど面白くなかったし、そのくせ馬鹿みたいに攻めるから必然と加藤のターンが長いのが本当に不快だった何せ、ボケに対してほかの芸人さんが不快感を露わにしているのが感じ取れてかわいそうだった 極め付けは最後の方でザコシ潰さなくちゃいけなかったのにずっと自分の時間使って、面白くも変化もないボケをかましてて時間がもったいなかった加藤呼ぶのだったら、被っちゃうけどくっきーとかロバート秋山呼んだ方が面白かったし加藤以外の芸人さんもそうした方がもっとたくさん色々なことをできたと思う星4の理由としては、新参の小藪さんや安定のザコシなど本当に加藤のぞいた芸人さんたちは面白かったから

  • 5.00

    今回は展開が早いです

    Amazon カスタマー

    毎回ある程度は面白いと思っていますが、今回は展開が早いのと意外な人が面白かったです。以下ネタバレ 加藤……一番頑張ってた。面白いかは別として、果敢に攻めていたのは評価できる。持ち時間を無駄に長くしすぎるきらいがあったため、すっぱり切って別の人につなげてほしかった。あと見ててあんまり気持ちよく笑える芸がない。(助っ人含む)宮迫今回印象が薄い人。笑いをこらえてた印象しかない助っ人の方が面白かった。小藪今回印象が薄い人その二。最終盤まで残ったのはよかった。せいや果敢に攻める枠その二。M-1で持った勢いをR-1で殺されたかわいそうな人。正直先輩から怒られそうな坂田師匠のディスり芸は面白かった。もうちょっとアドリブに対応できるようになったら化けると思う。ザコシ最強。用意してきた映像ネタが卑怯すぎる。対応力も強い。あらびき団の頃から見てるけれど進化が止まらない。この人にお金を持たせたらすさまじくくだらないことに使いそう。ジロー今回ザコシに一矢報いた以外はずっと座ってた人。最後まで残ったのはよかったが、攻めてなかった。たむけん面白くないノブ残念ながら面白くない。弱いのに下ネタ封印したら勝てるものも勝てない。みちおまったく印象にない。

  • 5.00

    制作側にも拍手を送りたい

    プログラマー

    最初から最後まで一気に見てしまいました。正直今までで1番声だして笑う回数が多かった。どこが1番面白かったとか言えません。あれもこれもって感じで。初めてドキュメンタルを見る人には、シーズン1から是非見て欲しいですね。シーズン7の完成度の高さは、前のシーズンを見てないとわからないかもしれません、それにしても、今回は面白かっただけじゃなくって、笑いという仕事にも「仕込み」という工程が大切なんだなってつくづく感じさせられる回でした。それにかけた労力とか想像するとそれだけで頭が下がります。6時間戦い続けるって相当大変ですよね。それだけの準備と引き出しを持ってるってまじすげぇと真面目に感心しました。私は笑いのプロでもないしテレビ関係者でもないのですが、今回は最後まで見終えて制作側の方達にも拍手を送りたいと思いました。笑いに耐える側と笑わそうとする側のドラマがこれほどうまく噛み合った回は今までなかったのではないでしょうか。ほんと役者が揃って面白かったです。みなさんいい仕事していい味だしてました。

  • 4.00

    やっぱりザコシは良い!

    おこのみ

    うーん、面白いけど普通にテレビっぽいです。ドキュメンタルである必要とは?終始ほがらかだし、緊張感がない。史上最高にみんな笑っててみんな見逃されてます。ずっと誰か笑ってる。最初言われてた通りほんとに100万円が惜しくないメンツだからなんですかね(笑)ただ、ザコシは凄い。攻め続けてるし、自分に向けられたボケを正面でちゃんと受け止めるのがかっこいい。一度も逃げない。あとはせいやが変顔でごまかすのも、加藤が泣き顔でごまかしてネタ誰かに丸投げなのも寒い。判定が後藤に甘いのは確かですけど、落ちた後の場を見ると納得します。彼がいないと誰も突っ込まない。もう後半ザコシしか攻めない。みんな座ってショーを見る姿勢です。宮迫小籔は何かやってたっけ?って印象。ザコシの姿勢がほんと素晴らしいですね。また見たいです。

  • 5.00

    とても面白い!

    Amazon カスタマー

    加藤さんが面白いと思えなかった。だけど他の参加者や松本さんが面白いと言ってるのでたぶん私にお笑いのセンスがないだけだと思いました。あの変顔をして笑いを誤魔化してる感じも卑怯だなと、、、気合入ってるのはいいけどそれは違う。変顔をして笑うのはちっさい子だけやと。いろいろ言いたいことあるけど自分が面白いと思ってる芸人さん達が面白いと言ってるのできっと加藤さんはとてつもなく面白くて自分みたいな一般の人にはわからない域までいってるのでしょう。他の方はとても面白いと思ったので星5です:clapping_hands:

  • 4.00

    新たな発見でした。

    コウイチ

    加藤さんが空気よめん、いらん、しつこいというのは僕も皆さんと同じ感想です。だからこの人は今テレビに出れてないんだな~と納得しました。ただ攻め抜こうとしたことには評価します。松っちゃんや制作陣の方々もその点は評価されいるようです。制限時間がもっと長かったり、最後の1人になるまでとか、前回前々回のようにもっと混沌として何しても面白くない状態までいけば加藤さんの何かが花開く気がしました。加藤さんは助っ人としてなら良い人材かもですね。こうゆう発見をさせてくれるのがドキュメンタルならではです。★★ネタバレ★★↓それよりハチミツさん。終盤画面(室内)にいないんで生き残ってたのが分からなかった。宮迫さん小藪さんが同時落ちした最高潮のあの場面を見てもないなんておかしいでしょう。「ラスト10分は裏にひっこむのなし」とか、ルール改定が必要です。

  • 4.00

    ドキュメンタルは面白かった。が加藤さんがすごくつまらなかったので調べてもう一度見た

    ラグナ

    ドキュメンタルは毎回楽しみにしています。普通のテレビでは見れない自らの笑いのプライドをかけた戦いとたまにそうでない人も見れて興味深いです。さて。まあ多くの人がつまらないというザブングルの加藤の事ですが、ドキュメンタルを見ていて初めて退屈な時間をすごしました。時間の流れがと遅くなったかのような、早く時間が過ぎるのを願うような時間が。賛否が分かれるドキュメンタルの中でも卑怯に感じたり、目を背けたくなる下ネタだったりがきたとしても時間が進まないのがつらいという事は今までなかったように思います。それを引き起こしたザブングル加藤はどんな人間なのか興味が出ました。そこでザブングル加藤のインタビューやほかの出演を見てその上でドキュメンタルを見なおしてみました。彼曰く「道連れ芸」や「パワハラ」が売りと言っているんですが、それって「行き当たりばったりの行動」と「怒るように振る舞う」誤魔化しでしかなく、そこには芸とよべる能動的に笑いを引き起こす要素のない他人任せの無責任な行動でしかそこにはないようにみえます。対照的だったのが雨上がりの宮迫の仕込んだ助っ人の笑い、自分の病気をネタにした笑いは自分だけの目線でも相手からの目線でもなく俯瞰の目線でも笑いをつくってたので、宮迫が好きじゃない私でも笑ったしすごいと思いました。加藤は自分だけの目線でしかも笑わせたい気持ちより評価されたいというのが前に出ていて芸にすらなってなかったです。笑われることも 笑わせることも 笑いを作ることも無い加藤は芸であるとは到底思えないです。インタビューでは自身はネットをあまりみなかったり炎上って何かよくわからないなどと予防線を張っておりましたが、炎上ではなく何か近場にイベントなどで来るときに直接面白くないと伝えたくなります。千鳥のノブが自分の弱点を踏まえてなんとか笑わせよう残ろうとするために今積み上がってるものを持ってきた様から比較しても、ドキュメンタルに挑むに当たって、持ってきたものは薄く小さなもののけという事前の努力や考えがないはただの怠惰でしか無いと思います。1000歩譲って存在価値を考えるのであれば、何かその場で才能も努力もせずに追い込まれたとしたら他人の迷惑も憚らず、キレたり泣きまねしたりすれば良いという教訓があるかもしれませんね。加藤以外はしっかり面白かったのでドキュメンタル自体は観て楽しめると思います。オススメはしますが、謝ります。つまらない時間帯があります。

  • 4.00

    フジモンカムバック!

    Doll

    6でちょっと…うーん…ドキュメンタル大丈夫?だったので、いつもの感じに戻ってくれてとりあえずひと安心。ドキュメンタルはシーズン0含め全て複数回観てます。個人的には4、2が一番面白いです。ザコシさんの笑いは自分には合わないのか、ぜんぜん面白くない。勢いで笑わせようとしてる力技系かなぁ。何言ってるかわかんないし…。でもザコシさんの評価は高すぎるので自分は少数派なんだろうな。実際目の前でやられたら面白いのかなぁ?ザブングル加藤さんも、フフッとなる場面もあったけど、爆笑ではない。でもあのメンバーに物怖じせず攻めてたのは良かった。そういうのがドキュメンタルって大事じゃないかな。以下、次回への個人的な希望↓やっぱフジモンに出てほしいなぁ。フジモンがいたら安心感が違う。7はフジモンいなくてガッカリしたよ。6がギリギリなんとかなったのはフジモンとジミーちゃんのおかげだったし。ドキュメンタルはフジモンなしには面白さ30%減だよ。フジモン、ジミーちゃん、ノブは入れてほしいな。中岡とみやぞんもいつか出してほしい。無理だろうけどエガちゃん、出川も観たいなぁ。大島も前回早く退場だったのでまた呼んでほしい。

  • 5.00

    観客席と現場のギャップ

    高砂

    あまりにしつこい芸は見ていてくどいし、シンプルに笑いの空気をしらけさせることも多々ある現に今回もそんなシーンが少なからず見られたし、一視聴者としては確かにつまらないただこれが実際の場であったら話は全く変わるだろうただただしつこくてしょうもないネタが笑ってはいけないという土壌の下で積み重なっていくと、しょうもなさすぎて笑うみたいな形に変わってくる部分がある(思わずノブと小藪が笑いそうになったところはまさにそれでしょう)ただこれは実際に参加していてなおかつ芸人的な感覚を持ち合わせているからこそ笑えるのであって、視聴者がつまらないと評するのは致し方ない部分が大きいとは思うが、この状況に持っていくには攻め続けることが必要不可欠で、ただでさえ長時間同じ場に居続けなければならず、また期待値が高まっていたこのシリーズの重圧の中で後半失速したとはいえその姿勢を崩さないようにしていたザブングル加藤は、もう少し評価されてもよいのではないかと思われた

希少 FR2 0ne T shirts コラボパーカー パーカー 人気TOP

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

希少 FR2 0ne T shirts コラボパーカー パーカー 人気TOP

(15日だけ!値下げ中)キディル 3レイヤードパーカー,

渾身の新サイドメニューが登場!!
粗びきブラックペッパーとガーリックの旨みがやみつき!
「マックTHEチキン ガーリックペッパーの一撃」
10月19日(水)から期間限定販売
岡田准一さんがマクドナルドのTVCMに初出演!
カウボーイに扮した岡田さんが、チキン片手に西部劇の世界で活躍!
まるで映画のワンシーンのように大迫力な展開を見せる新TVCM
10月18日(火)から放映開始

2022.10.11

  1. ホーム
  2. パーカー
  3. 希少 FR2 0ne T shirts コラボパーカー

日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:日色 保)は、ブラックペッパーとガーリックなどで味付けしたチキンの新サイドメニュー「マックTHEチキン ガーリックペッパーの一撃」を、10月19日(水)から全国のマクドナルド店舗にて期間限定で販売いたします。

「マックTHEチキン ガーリックペッパーの一撃」は、しっとりとした一枚肉の鶏肉を、風味の良い粗びきブラックペッパーとガーリックなどで味付けして揚げた、やみつきになるおいしさがたまらない新サイドメニューです。衣のサクサクした食感もチキンのおいしさを引き立てます。刺激的な味覚でありながら骨なしで食べやすく、片手で手軽にお楽しみいただけるスティック状にして2ピース入りでご提供します。ランチやディナーのサイドメニューとしてだけでなく、小腹がすいた時のスナックとしてもぴったりの商品です。
 マクドナルドでは、チキンのサイドメニューとして「チキンマックナゲット®」と「シャカチキ」をご提供しており、お手軽に様々なシーンで楽しめると、大変ご好評をいただいております。期間限定で新たに登場する、こだわりの「マックTHEチキン ガーリックペッパーの一撃」も、ぜひこの機会にご賞味ください。

新商品の発売にあわせ、岡田准一さんがカウボーイに扮する西部劇のような新TVCM「マックTHEチキン ガーリックペッパーの一撃」篇を、10月18日(火)から放映します。マクドナルドのTVCMに初出演となる岡田さんが、チキンを手に持ち見事な“チキンさばき”を披露。映画の世界さながらに、颯爽と馬にまたがり、雨に打たれながら叫んだりと、コミカルな演技とストーリーを展開します。新商品の刺激的な味わいを、大迫力な西部劇のワンシーンのようなTVCMとして表現しました。また、Twitterキャンペーンもご用意しておりますので、あわせてお楽しみください。(詳細は下記を参照)

マックTHEチキン ガーリックペッパーの一撃

マクドナルドは、変化する社会やお客様のニーズに柔軟に対応し、進化を続けます。そして、持続可能な社会の実現に向けて取り組みながら、「おいしさと笑顔を地域の皆さまに」ご提供してまいります。

◆商品概要

商品名 店頭価格(税込)(※1) 販売期間 販売時間
マックTHEチキン
ガーリックペッパーの一撃
230円
(2ピース入り)
2022年10月19日(水)
~11月中旬(予定)
全営業時間帯
販売エリア
全国の日本マクドナルド店舗(一部店舗を除く)
  • ※1 店頭価格は一部の店舗では異なります。デリバリーでは販売価格が異なります。

マクドナルドでは食を扱う企業の責務として商品のアレルギー・栄養情報、原産国情報をお知らせしています。常に最新の情報を公開しており、商品のパッケージについているQRコードをご利用いただくと公式ウェブサイトにある商品の情報ページを簡単にご確認いただけます。「アレルギー検索」、「栄養バランスチェック」といったお役立ちツールも提供しておりますので、ご提供している情報とあわせ、商品をお選びいただく際や食事の栄養バランスを考える上でお役立てください。

マックTHEチキン ガーリックペッパーの一撃
  • ※「マックTHEチキン ガーリックペッパーの一撃」の情報は、10月17日(月)14時00分に公開となります。
    URL:supreme 迷彩柄 パーカー
  • ※原産国情報では、主要原料の原産国や最終加工国についてお知らせしています。
    ドリンク類や一部限定商品は対象外です。
  • ※QR コードは、(株)デンソーウェーブの登録商標です。

◆新TVCM概要

・タイトル
「マックTHEチキン ガーリックペッパーの一撃」篇(30秒)
・放映開始日
2022年10月18日(火)
・放送地域
全国(一部地域を除く)
・内容
カウボーイに扮した岡田准一さんが、2ピース入りのチキンを手に持ち、見事な“チキンさばき”を披露。「すごくおいしいチキンだ!」「食べたい!」と叫ぶ熱い演技を通じ、新登場の「マックTHEチキン ガーリックペッパーの一撃」の刺激的なおいしさを伝えます。
「マックTHEチキン ガーリックペッパーの一撃」篇(30秒)

◆商品発売前カウントダウン動画を、10月12日(水)より毎日公開!

商品発売7日前の10月12日(水)からカウントダウン動画をマクドナルド公式Twitter(@McDonaldsJapan)にて公開します。カウボーイに扮した岡田准一さんが、新登場の「マックTHEチキン ガーリックペッパーの一撃」の刺激的なおいしさを、まるで映画のワンシーンのような迫力ある映像で表現しました。CMには登場しないシーンや、岡田さんから発せられるチキンに関するさまざまな台詞も魅力的な7本の動画は、発売当日まで日替わりで公開されます。「マックTHEチキン ガーリックペッパーの一撃」発売までの期間をお楽しみください。

・公開期間
2022年10月12日(水)~10月18日(火) 各日1本
・公開メディア
マクドナルド公式Twitterアカウント(@McDonaldsJapan)
・動画本数
7本(各20秒~30秒程度)
商品発売前カウントダウン動画

◆撮影エピソード

◇荒野に舞い降りたカウボーイスタイルが映える岡田さん

撮影は7月上旬、太平洋を臨む乗馬クラブで行われました。西部劇を彷彿とさせる荒野が舞台のCMということで、岡田さんはウェスタンシャツ&ベストにネッカチーフを巻き、テンガロンハット、ポンチョ、ロングブーツを組み合わせたカウボーイファッションで登場。大河ドラマなど時代劇作品で侍や髷(まげ)姿は、馴染みがありますが、今回初めて演じることとなったカウボーイ姿もとても様になっていて、カメラ前に岡田さんが立った瞬間、現場の空気がパッと華やぎました。

◇初めてコンビを組む馬もすっかりご機嫌!誰もが驚いた完璧な手綱さばき

これまで数々の時代劇などに出演し、乗馬経験が豊富な岡田さん。撮影当日も乗馬する際に、慣れた様子でパートナーとなる馬の手綱をつかむと、お尻をポンポンと優しく叩いて、これから乗るよという合図を送り、左足を(あぶみ)にかけたまま右足で勢いよく地面を蹴って、静かに(くら)へ体を収めました。馬に乗った岡田さんはさっそく準備運動がてら、軽やかな身のこなしで周囲を柵で囲った小さな馬場を周回。ウォーミングアップの様子を見守っていた乗馬クラブのスタッフによると、馬が尻尾を高く持ち上げて走るのは機嫌が良いサインらしく、その証拠に本番でも馬は岡田さんの指示に従って、指定されたカメラ前の位置に、速歩の状態からピタリと静止したり、セリフの最中もおとなしく待っていたりなど、相性抜群のコンビプレーを次々と披露し、OKテイクを連発していました。

◇相棒の心をつかみ、人馬一体となって駆け抜ける印象的なシーンを演出

馬を駆った岡田さんが駆足で荒野を進んでいくラストシーンの撮影では、監督から岡田さんに対して、「走っている途中で、何か気合いを入れるような掛け声がほしい」というリクエストがありました。岡田さんは撮影ポイントや動線をチェックした後、相棒の馬に「行こう!気持ちよく走ろうぜ!」と声をかけて乗馬。すると、その言葉が伝わったのか、馬は「ブヒヒィーン!!」と荒々しい鼻息を鳴らして、武者震いのような仕草を見せました。これには岡田さんも「やる気満々だな~(笑)」と笑顔に。しっかりと心を通わせた岡田さんと馬は、岡田さんの「ハッ!!」という合図でさらにスピードアップし、文字通り人馬一体となって荒野を駆け抜けていきました。
 岡田さんは、「今回の撮影で乗った馬はとても頭がいいので、こっちがやりたいことを敏感に察してくれる」と、相棒の性格も把握されていました。制作チームが求める難しい画作りをサラリと演出してみせた岡田さんの巧みな馬術と演技力に、スタッフの皆さんもすっかり圧倒されていました。

◇土砂降りの雨中での熱演は見事一発OK!職人魂を奮い立たせた岡田さんのひと言とは…

雷をともなう土砂降りの雨の中、ひざまずいた岡田さんが天を仰ぎながら「俺は、チキンだ!」と叫ぶシーン。当日の最後に撮影されたこのシーンでは、岡田さんの前方の高い位置に陣取った3人のスタッフが、水道につないだ長いホースから水を撒き、水の量やホースの向きを微妙に調整することで大量に降り続く雨を、照明の明滅により雷を、それぞれ再現しました。足元にできた水たまりに膝立ちでスタンバイした岡田さんは、本番前からすでにズブ濡れの状態でしたが、よりインパクトのある激しい雨を強調すべく、雨降らし担当のスタッフたちに「遠慮なくどうぞ!」と声掛け。その思いを汲んだ撮影チームが、一丸となってリハーサル以上の土砂降りを再現し、それに岡田さんも一発OKのパーフェクトなお芝居で応えると、カットが掛かった瞬間、現場から大きな歓声と拍手が沸き起こり、満面の笑みを浮かべた岡田さんの「皆さん、お疲れ様でした!ありがとうございました!」という声が夜空に響き渡りました。

◆Twitterキャンペーン

第1弾 リプライで当たる!「#マックTHEチキン10月19日登場」キャンペーン

・応募期間
2022年10月12日(水)11:00~10月18日(火)23:59
・応募方法
マクドナルド公式Twitterアカウント(@McDonaldsJapan)をフォローし、同アカウントから投稿された「#マックTHEチキン10月19日登場」のハッシュタグが付いたツイートに「#マックTHEチキン10月19日登場」を付けてリプライしてください。
・賞品/当選数
ご応募いただいた方の中から、抽選で合計100名様に1,000円分のマックカードが当たります。
第1弾 リプライで当たる!「#マックTHEチキン10月19日登場」キャンペーン

第2弾 リプライで当たる!「#マックTHEチキンついに登場」キャンペーン

・応募期間
2022年10月19日(水)11:00~10月20日(木)23:59
・応募方法
マクドナルド公式Twitterアカウント(@McDonaldsJapan)をフォローし、同アカウントから投稿された「#マックTHEチキンついに登場」ハッシュタグが付いたツイートに「#マックTHEチキンついに登場」を付けてリプライしてください。
・賞品/当選数
ご応募いただいた方の中から、抽選で合計100名様に1,000円分のマックカードが当たります。
第2弾 リプライで当たる!「#マックTHEチキンついに登場」キャンペーン

第3弾 リプライで当たる!「#今日は待ちに待ったマックTHEチキン曜日」キャンペーン

・応募期間
2022年10月21日(金)11:00~23:59 当選者33名
2022年10月28日(金)11:00~23:59 当選者33名
2022年11月4日(金)11:00~23:59 当選者34名
・応募方法
マクドナルド公式Twitterアカウント(@McDonaldsJapan)をフォローし、同アカウントから投稿された「#今日は待ちに待ったマックTHEチキン曜日」のハッシュタグが付いたツイート(合計3投稿。以下「キャンペーン対象ツイート」といいます。)に「#今日は待ちに待ったマックTHEチキン曜日」を付けてリプライしてください。
・賞品/当選数
ご応募いただいた方の中から、抽選で合計100名様に1,000円分のマックカードが当たります。
第3弾 リプライで当たる!「#今日は待ちに待ったマックTHEチキン曜日」キャンペーン

現在お使いのブラウザーはサポートされていません。
一部の機能が正しく動作しない場合があります。